ブログ • iGATE IKEUCHI asahikawa

店内全品20%OFF特別セール開催!! なんと割引商品も対象!!

2019年 12月 06日

A3

iGATE IKEUCHI 最大!!
アプリ会員限定の20%OFFの特別セール開催!!

当日のiGATEアプリ会員ご入会でも20%割引になります!!
人気のアウトドアアイテムが、どこよりもお買い得にご購入できる最大のチャンスです!!

さらに同時開催のiGATEアプリ会員ポイント5倍のダブル企画で、さらに賢く、お買い得にご購入いただける、iGATEアプリ会員様限定の特別セールです!!

この機会をお見逃しなく!!

セール期間:12月7日(土)~22日(日)

セール内容:店内商品全品20%割引
※すでに割引になっている商品もさらに20%割引になります。
※アクティビティーやレンタル等のサービス商品は対象外になります。

セール対象店舗:ニセコエリア店舗(アヤニセコ店、スカイニセコ店、ニセコヒラフ店)を除くiGATE全店

当日入会のiGATEアプリ会員も対象となります。

レンタルスキー・WAXサービス始まりました

2019年 11月 23日

今年も、スノーシーズンがやってきましたね!!!

昨日11/22から「黒岳スキー場」

今日11/23から「富良野スキー場」「士別日向スキー場」がOPENですよ。

札幌方面は、だいぶ積雪が多いようで「中山峠スキー場」「札幌国際スキー場」

「札幌手稲スキー場」もOPENしたみたいですね♪


皆さんは、スキー・スノーボードの準備出来上がってますか?

今年もOMO7 旭川の中で「WAXサービス・レンタルサービス」始まっています♪

良ければ、シーズンの準備にスキー・スノーボード持ってきてください。

WAXしっかりかけて、今シーズンの冬も楽しみましょう!!!

せっかくなので、当店のWAXサービス風景を動画にしてみました。

誠心誠意、真心こめて磨き上げますよ(^_-)-☆

~山の不思議な話~:ニペソツ山テント泊

2019年 08月 11日

こんにちわ!

いつもの「ぶっちー」ですよ。

8/6~7にかけて、2週ぶり2回目の「東大雪」にテント泊してきました。

今年は、石狩岳にニペソツ山と東大雪に縁がありますね。

早速、今回も写真大量に見ていきましょう。

スタート スタート2

今回のメンバーはこちら!

前回も参加のダッチー、元アイゲートスタッフの堀ちゃん、大雪店店長フミさんとぶっちーの

元スタッフ2名と現スタッフ2名の4人編成です。

退職していても、山仲間はつながっているって良いですよね(^_-)-☆

さて、今回のニペソツ山は「幌加温泉コース」からの12.5km!!!

かなりな長丁場の山行になりました。

でも…。実は幌加温泉コースの登山口から林道を入る事「約2㎞」

別で駐車場があります!!!!!

この駐車場に行くには、結構なガタガタの林道を車で走るんですが

ゆっくり走れば、ある程度の車高のある車であれば行けちゃいます。

林道の2㎞をショートカット出来るので、かなり楽になりますよ。

水場はほとんど登山口に近いとの情報だったので、自宅から約6Lの水を積んで20㎏オーバー

のザックでスタートです!!!!

見晴台まで 三条沼 見晴台まで2

まず、目指すは見晴台(1662m)約800mの標高差を登っているか分からないぐらい

ゆっくりとじっくりと登っていきます。

ニペソツ山の登山道は刈り払いもしっかりしていて、広くてめちゃめちゃ歩きやすいです!

三条沼を横目に見ながら、気持ちよく標高を上げていると…。

出ました!!!!東大雪名物!!!!!よくわからない急登!!!

石狩岳に比べると距離は短いですが、一気に高度を稼ぎます。

ジグを切ることも無く、妥協を許さない急登…。

まずはジャブをしっかり受け止め、見晴台へ。

見晴台1585 5

樹林帯をグングン進んでいくと「ハイ!ドーン!!」といきなり

ニペソツ山がお迎えです。

気持ちよく景色を見せてくれるので、一旦ここで休憩です。

見晴台1585

ちなみにここは、見晴台ではありません。

標高差で40mほどの開けた場所です。

見晴台につく前に休憩をしてしまってたんです。

目指すは急登

気を取り直して、稜線に出る前のニペソツ山幌加温泉コース核心部の急登へ

向かいます。

近づく急登 登りの本気

どんどん、急登部分が近づいてきます。

ここで、フミさんが本気を見せます!!!

この格好、初めて見た(; ・`д・´)

本気の急登 急登スタート 急登2 急登 急登 4 急登 3 急登 5 急登終わり

気合いを入れて、登り始めます。

ん・・・?あれ・・・?あれれ・・・?

出ました!!!『東大雪名物!なんで、ここ直登しようと思った⁉』です。

全くペースは上がらず、ほぼ無酸素運動。

意識は完全に「あっ♪ ナッキーが鳴いてる(^^♪」

現実逃避です。

ガシガシ登っていくフミさん、すました顔でついていく堀ちゃん

息を乱しながらも黙々と登るダッチー。

現実逃避をしながら遠くを見つめる僕です。

そんなこんなで、直登の洗礼を受け稜線に出たら

なんという事でしょう(^^)/

素敵な風景が広がっているではありませんか。

急登終わり 2

急登が終わるとそこはもう今回お世話になる幕営地

8~9張り張れると上士幌町のHPに書いてあった幕営地…。

これ、そんなに張れる???

どう頑張っても、2張り…。

さまよいながら、ニペソツ山方向へ向かいここじゃないかと当たりをつけていた

鞍部に何とか4張り出来そうな場所を見つけ幕営準備。

テン場 テン場のひと時 テン場のひと時 2 乾杯

何はともあれ、テント張ってサンダルに履き替えたら

乾杯するでしょ!!!!

美味い♪ニペソツの鋭鋒拝みながらまったりとした時間が流れていく。

これぞ、テント泊の醍醐味ってぐらい満喫していたら…!!!

ここからは宴です(^_-)-☆

晩御飯

今回のメイン食材は、ジンギスカン!!!

まぁこれが疲れた体に染み渡る('ω')ノ

燻製卵に、炭火焼き鳥のパック、チーズにジンギスカン、目玉焼き。

みんな夜ご飯にかける熱量が、登山同様熱すぎるwww

二ぺ

そんなこんなで、日も傾きゆっくりとした時間を眺めながら

明日の登頂へ向けて僕らの夜は更けていきました。

夜明け 朝 2 朝 8 朝 4 登頂 登頂 2 トレランスタイル

夜明けを迎えて、山頂へ向けてアタック開始です。

目の前の稜線は、切り立っているように見えていたけど

案外登りやすくサクサクっと高度を稼いであっという間に山頂へ

モーニングコーヒー

曇り予報だった空も完全に晴れて見事なほどの景色(^^♪

最高の山頂を満喫しながら、モーニングコーヒーをいただき

テン場へ戻ります。

帰りスタート ゴール

帰りは同じルートを通って帰るピストンだったけど

やっぱり核心部の『東大雪名物!ここ直登しなきゃダメ?』ルートを今度は

下山しなきゃ帰れない…。

ロープ使いながら慎重にゆっくり一人ずつ下山。

なんにせよ、東大雪はバカ斜度(誉め言葉)の箇所が必ずついてまわるんですね・・・。

途中の沢で冷たい水で身体を冷まして、また歩く。

ここで、沢水品評会会長のフミさんが味見。

ここ数年の中の沢水でも抜群に美味い水でした。

少し甘さのある丸めの水でしたね。

帰りも、10.5㎞の登山道をゆっくりと標高を落とし午前中のうちに下山。

ニペソツ山は、歩きやすく景色も良くテント泊をするには最高の山だと感じました(^^♪

次は、どの山に泊まりに行こうかな!!!

ぶっちーでした('ω')ノ



※※※※※※ 山の不思議な話しはここから ※※※※※※※

あんまり、山の不思議な話を見たくない人、聞きたくない人はスクロールせずに

ブログを閉じてくださいね。

テン場の朝

テント場で明日の予定を確認し眠りについたころ、時間としては午後11:30ぐらいだったと…。

その日、寝る前に星が綺麗だったら教えあおうねとみんなで話して寝ていました。

テントの下半分をメッシュにして風抜けを良くしている僕のテントにオレンジ色の

光が当てられました。

それは、豆電球のヘッドライトのような丸いオレンジ色の光でした。

少し上下左右に揺れながら僕のテントに近づいてきます。

僕は、誰かが起きてトイレかな?それとも星空綺麗で起こしに来てくれたのかな?

と思いながらその光が近づいてくるのを見つめていました。

少しずつ大きくなる丸い光、僕のテントのフライシート1枚隔てた所まで来たであろうぐらいに

おもむろにフライシートの下側テントを開けるところをガッと持ち上げるようにのぞき込まれ

ヘッドライトで照らされました。

星が綺麗だと教えに来てくれた誰かだと思っていました。

そこで、ふっとヘッドライトが消えたので僕も起きてフライシートを開け星空が綺麗だなと

思いながらテントの周りを確認しても誰もいません。

全員のテントを見回しても、電気をつけている人もいません。

少しの間、星空を眺めぼーっとしながら誰が来たのかな?

フミさん、堀ちゃん、ダッチーの誰かが教えてくれたんだろうと自分に言い聞かせ

またテントに潜り込みそのまま眠りにつきました。

翌朝、山頂へ向かう前に全員に昨夜教えに来てくれたのは誰かを確認しても

誰も教えに行ってないし、僕のテントに触れてもいないとのこと…。

そもそも、今回のメンバーでヘッドライトで電球色のヘッドライト使ってる人がいないんですよね…。

あの覗き込んできた人はいったい誰だったんでしょう…。

僕は、「星空綺麗だよ、せっかく来たなら見てよ」って教えてくれた

ニペソツ山の妖精だと思っています。

~終わり~

激闘:シュナイダー(ユニ石狩岳~音更山~石狩岳)

2019年 07月 25日

皆様、こんにちわ!

ご無沙汰しておりました。

旭川店のぶっちーです。

7/23~24にかけて、「ユニ石狩岳~音更山~石狩岳」の周回登山に行ってきました!

書きたいことが山ほどあるので、今回のブログは長いですよ!!!!

山行の相棒は前アイゲートスタッフの山屋「だっち」です!!!

林道入り口 林道入り口2

早速、朝一三国峠を越えて石狩岳へ向かう林道が発見できず…。

シンノスケ迂回林道の入り口を探しながらウロウロ

林道入り口の写真を見てもらえれば分かるかと思いますが一切表示は無いです。

せめて、A4の看板で良いから表示して欲しい…。

※昨年の情報では林道入り口に看板があったはずなんですけどね…。

スタート2

そんなこんなで、石狩岳登山口に車をデポしユニ石狩岳の登山口まで2㎞程の林道を戻り

いよいよユニ石狩岳コースからスタート!!!

※石狩岳登山口に仮設トイレがあります、ユニ石狩岳登山口にはありません。

※ユニ石狩岳登山口に入林届のBOXがありましたが、石狩岳シュナイダーコース登山口に

入林届BOXは発見できませんでした。

※石狩岳登山口は15台ほど、ユニ石狩岳は3台ほどの駐車スペースがあります。

スタート後 スタート後展望

森深い樹林帯をゆったりとした感じで1時間半ほど

時折、木々の中に音更山や石狩岳を眺めながら気持ちよく標高を稼いでいきます。

そして、ここから東大雪の洗礼が始まります。

ユニ登り ユニ登り2 ユニ登り3 ユニ石狩岳

画像では伝わりにくいですが、急坂をひたすら激登りです。

黒岳のようなつづら折りではなく、上ホロのような階段でもなく

坂です…。ひたすらに坂です。直登です。

そりゃあ、この顔になりますよ…。

十石峠に出て、ユニ石狩岳のルートが見えたとたん何かが折れ

ルートを見なかったことにしました。

ユニ石狩岳の山頂は無かったことに…。

十石峠 十石峠 2

どうですか!!!この絶景!

(ユニ石狩岳に行かなかった事は完全に棚上げで)

この笑顔!!!

完全にこの後の事なんて頭から消え去りましたよ。

ブヨ沼2 ブヨ沼 ブヨ沼水場への道

十石峠を越え、60~80メートル前後の標高を上げたり下げたりすること3回ほど

いよいよ水場ブヨ沼が出てきます。

………。

誰ですか?水場に麦茶のパック大量に入れた人!!!!

ビックリするぐらい茶色い…。

この水飲むの?可能なら、飲みたくない。浄水器を使っても出来れば飲みたくない。

意を決して、ブヨ沼のテン場にザックを下ろしに行ったらありました!!!

「水場150m先→」の看板!

倒れているけど、その先には間違いなく水場へ続く踏み跡が。

そりゃ、ダッチとダッシュですよ。携帯も持たずに踏み跡へ。

なので写真もありません…。

150m先って、意外と遠いんですね。しかも標高を60mほど落とすんですね。

4リッターの水持ってまた坂を登り返すんですね。東大雪って切り立ってますもんね…。

音更登り 2 音更登り 3 音更登り 音更登り 4

水を積み込み、お昼ご飯もしっかり食べて音更山に向けて歩き出します。

今回は、ビバーク訓練も兼ねてだったので行けるとこまで行こうと決めてました。

はい!!!スタートからこの写真!!!写真で伝わらないこの斜度感…。

そして、笹かぶり、枝かぶり…。標高差約200メートルをまた激坂です。

しかも今回は、水4kgの重量増加。もう、修行です。荒行です。

そらこの顔ですよ(2時間ぶり2度目)

ブロッケン

荒行も終盤に差し掛かったころ、山から「おめでとう」のご褒美が

「ブロッケン現象」出てくれました。

ウペペ二ぺレンズ

ニペソツ方面も絶景のご褒美です!!!

ん???? 山頂方向の上「レンズ雲」っぽくね?

「レンズ雲?」「ブロッケン現象?」「雨男2名?」

もう、何も言いません。激坂で考えることもやめました。今はひたすら登る事だけを考えよう。

熊

もう少しで稜線に出るってところで、ダッチから「熊!!!」の一言。

出ましたよ…。キムンカムイです。向かう稜線の直下50メートルで、晩御飯中です。

目測直線距離約300メートルで絶賛お食事中です。

もう、東大雪オールスターばりに自然現象から動物からお出迎えいただきました。

20分以上「ヒグマのもぐもぐタイム」を鑑賞し、沢筋を下山していくのを確認して稜線上に出ました。

この時点で、17時…。もう、そこをビバーク地点に定め行動停止です。

ビバーク

ツエルト張って、食事をしっかりとって明日の石狩岳に備えて就寝です。

・・・・・・・・・。

爆風です…。ツエルトが細くなってます…。気温が下がって内側が結露してます…。

ツエルトがなびく度に内側の結露からミストシャワーです。

シュラフがしっとりしてます…。僕の顔もシャワーでしっとりしてます…。

雨も降ってきました…。外を覗いてもガスで真っ白です。

寝れない!!!!!!!!!!

そうでした。ツエルトはあくまで、ビバーク用。

緊急時に風雨を遮り、露営するための物でした。

それでも目をつむって、寝たり起きたりを繰り返しながら朝を迎えました。

結局4時の行動開始を雨が抜けるまで待って、6時から24日の行動開始です。

音更山頂 音更下り 音更下り 2

歩き出しから、ガスの中…。

携帯も取り出せず24日は写真が少ないんです。

音更山山頂に到達し、いよいよ目的地「石狩岳」に向かいます。

出ました、プチロックガーデン。

滑ります、浮いてます、動きます。3拍子揃ったアグレッシブなルートです。

ピンクテープも少なく、ケルンと地図でルートをたどります。

石狩岳登り 石狩岳登り 2 石狩岳登り 3

そんなこんなで、ようやく石狩岳の登りです。

ザックをシュナイダーコース分岐にデポして、サブザックに荷物を乗せ換え取りつきます。

やっぱり、坂です。藪漕ぎです。枝かぶりです。

東大雪ってもうこの印象です。驚きもしません。

1966山頂 1967ピーク

到着しました!!!!

石狩岳山頂です(1966mの標柱山頂です)

そこから、南南西に300メートルほどに1967ケルンがあります。

踏み跡をたどって、1967ケルンにも登頂です!!!!

後は下山を残すのみ!!!

もう、気持ちは下山後の温泉と食事です。

ガスの中だけど、気持ちも晴れやかにシュナイダーコース分岐へ戻ります。

そして、石狩岳最大の強者「シュナイダーさん」と対決です。

シュナイダー シュナイダー下り シュナイダー下り 2 シュナイダー下り 3 シュナイダー下り 4

絶対に高度感、斜度感が伝わらないのは分かってます…。

核心部は写真を撮る余裕も無かったです。

もうね、坂を通り越しました。私の祖母の家の階段に段が無い感じ…。

昔の家屋の屋根裏へつながる階段に段が無い感じ…。

脚立の角度で滑り台のイメージ。

シュナイダーさんとの激闘は、一方的な展開です…。

ぼっこぼこです。ぐうの音も出ません。

山と高原地図にも書いてありました「標高差1163mを5㎞強で登る急斜面が連続」と。

それでも下らないと終わらない!!!

下山

下山です!!!

僕らの根勝ちです!!!

勝利特典の温泉と食事は僕らの物です!!!

石狩岳山頂

石狩岳はタフな山でした。

シュナイダーコースは、少しの間しまっておくことにします。

石狩岳の情報が少ないのもなんとなくわかる気がします。

もし、興味が出たら是非シュナイダーさんへ挑んでみてください!!!

長文、お読みいただきありがとうございました。

それではまた!!!

FIELD EARTH体験会を旭岳で開催してきました

2019年 03月 31日

3/30にFIELD EARTH スノーボードの体験会を開催してきました。

朝から雲がかかっている旭岳でしたが3名の方に参加していただき

まずは板の選択から

Img 6143

ワイワイとビンディングを付け替えてロープウェイへ

初めは雲がかかっていた旭岳も、2時間後には青空へ

Img 6152

前々日から降り続いていた雪がまさかのトップシーズン並みのパウダーで

全員で堪能してきました。

堪能している部分は動画でご紹介!!!

無料の音楽素材を使用しているので、ボリュームは調整してくださいね。

最近のGoproって凄いですね!!!

手振れを全く感じさせないなんて!!!

すごく久しぶりに動画編集をやりました。

今後はソフトも含めて、いろんな動画を作成したいですね。

なんにせよ、パウダー満喫して、FIELD EARTHの板を堪能して素敵なイベントになりました♬

次回も楽しめる企画を考えますので、気になっている方は旭川店まで

遊びに来てください(^^♪

© 2020 IKEUCHI. All rights reserved.