ブログ

スタッフフィールドレポート

2016年 09月 27日

みなさんこんにちは。アイゲートサッポロ店スタッフ阿木です。

昨日、渓流釣りへ行ってきました。小さいながら釣果はありましたのでフィールドレポートと題して報告させていただきます。


今回は胆振地方のとある河川に行ってまいりました。秋になりサケが遡上する河川が増えてきましたね。サケが遡上を始めるとターゲットとなるトラウトが全然釣れなくなります。(あたしが下手だからか・・・)

しかし今回の河川は良くも悪くも?小さな砂防ダムが連続している為、少し上流域に足を運べばサケの脅威を気にせず釣りができるのです!

まあそもそもトラウト狙っているのにサケの密漁と間違われて注意されても気分が悪いですからね(汗)


という訳で今回はそういった理由もありこの河川を選んだわけですが、川幅の小さい小渓流なのにとんでもないモンスターレインボーがどこかに潜んでいるのです・・・。想像するだけで興奮しますね。

謎の昆虫

市街地からさほど離れていないのですが自然に恵まれており、途中こんな昆虫を目にしました。

キノコ

こんな立派なキノコも。残念ながらキノコの知識はありませんので採取しませんでしたが、美味しそうです。好奇心だけで口に入れたら大事故が起こったでしょう・・・。

レインボートラウト

あいにく今回の最大サイズがこのレインボートラウト。ホウライマスと呼べるような、いわゆる無班ニジがこの河川では多く釣れます。使用ルアーはDUO社・スペアヘッドリュウキ45S

リリースシーン

画像が小さくて失礼。

渓流魚は海魚に比べ資源が限られています。絶対食べるなとは言いませんが極力このように優しくリリースしてあげましょう。今度はもっと大きくなって釣らせてくださいねと念を込めて・・・。

山岳渓流風景

さらに上流部の山岳渓流にも足を運びました。あまり良型の話は聞きませんが渓相はバツグン。素晴らしい景色の中・・・

イワナ

ワイルドな顔つきのイワナが姿を現してくれました。25センチでしたがこの渓流では十分。この時も使用ルアーはスペアヘッドリュウキ45S。岩にヒットすると割れやすい印象がありますが、リーズナブルながら非常にフラッシング効果が高く、泳ぎも優秀。素晴らしく良く出来たシンキングミノーだと思います。



今回の釣行では他にもニジマスが数匹釣れましたがサイズが25センチ以下のみ。

水温は13度~16度と徐々に低くなっている印象でしたがまだまだお魚さんたちは元気です。


みなさんも、残り少ないグリーンシーズンを思いっきり満喫してください。

© 2018 IKEUCHI. All rights reserved.